• 2016年度新入園児募集のお知らせ
  • ごあいさつ
  • 幼稚園概要
  • 年間行事
  • アクセス(交通)

幼稚園概要

園の保育方針

 就学前の幼児教育において最も重要なのは、「遊び」や「作業」をとおして子どもたちが非認知能力を養うことにあると考えます。キリスト教保育がずっと大切にしてきたこの方針は今までも、そしてこれからも変わることはありません。加えて、これからはご家庭の「子育て支援」にも配慮したいと考えています。今までは短かった「預かり保育」の時間と期間を拡大しました。当園のように小さな幼稚園には「少人数保育」のメリットがあります。2017年度から職員体制も変わり、2018年度には「子ども子育て支援法」にもとづく幼稚園になりました。これからも、地域の子どもたちの豊かな育ちを応援する幼稚園でありたいと思っています。

2020年度の新運営方針

 2020年度からは、さらなる保育の内容充実と子育て支援のため、水曜日の保育時間を他の曜日と同じく9:00~14:00とします。従来水曜日の保育時間は半日(9:00~11:30)でしたが、これで月曜日から金曜日まで均一な保育時間を確保することができます。
 また、「預かり保育」については従来通りの最大8時間(正規保育時間含む)ですが、利用単価を引き下げることといたしました。
 2歳児クラス「すみれ組」は、週2日間開室の予定です(従来は週1日)。詳しくは、電話等にてお問い合わせ下さい。

どうして幼稚園なの?

 幼稚園はもともと文部科学省管轄の「学校」です。幼児教育を担う「学校」として、厳しい設置基準をクリアして東京都の認可を受けています。入園定員に対して十分な広さをもった保育室と園舎、そして園庭を備えているのが幼稚園の特徴です。幼稚園は、カリキュラムの内容だけでなく、豊かな環境による保育を保障しているのです。当園は105人までの保育を念頭に設計された園舎と園庭を、60人の園児たちが自由に広々と利用できる環境を実現しています。さらに当園は園バスを持たないことにより、近隣の同じ小学校に入学するお友達と出会う場にもなっています。毎日親子で手をつないでの登降園の時間は、就学前のこの時期だけの特別な時間です。お父さんお母さんが運転する電動アシスト自転車に乗ることだって、子どもたちには楽しい時間になります。お弁当づくりは、大きな負担になると思われる方がいらっしゃるかもしれません。でも、子どもたちにとってはこれも毎日の楽しみです。お弁当をめぐって、親子の会話もはずみます。食物アレルギーへの対応も、お弁当なら様々な工夫を凝らすことができます。毎日「キャラ弁」を作る必要はないのです。子育てを楽しむために、幼稚園は保護者の皆様を応援します。